MENU

その日暮らし朝活「さんぽがてーら」はじまる。

どうも、いずみです。ご無沙汰しております。

常滑に来て4ヶ月が過ぎました。この間に、誕生日を迎え26歳になったり、ジムニーに乗ることになったり、漆喰をぬるのがうまくなったり、郡上に行ったり、流れ星のようなロマンティックにときめいたり(表現がなんか古い、、)。

まあ、いろいろあったわけですけれど、今回お話ししたいのは新しい活動についてです。

その名も、

その日暮らし朝活「さんぽがてーら」。

ご近所の朝のお散歩にひょっこりお供して、とこなめ散歩道や周辺のゴミ拾いをするという活動です。

その日暮らし朝活。というのは、ご近所さんが朝にうちに立ち寄ってくれたときだけゴミ拾いに行ける(ということにしている)ので、その日にならないと動けないというところから、この前置きをつけました。

さんぽがてーら。というのは、そのまま「散歩がてら」ってこと。散歩ついでにゴミ拾い、散歩しがてらゴミでも拾うか、という感じ。

今のところのこの活動は「朝の散歩ついでに散歩道まわりのゴミを拾う」ってのをメインに動いています。

「ついでに。がてら。」これは結構大事なことで。

ぼくたちは「環境問題を解決したい!」とか「街の景観を取り戻して地域活性を!」とか、そんな大層なことを考えてゴミ拾いをはじめたわけではありません。

あくまで「さんぽがてら。」で笑

ただ、もうひとつ洒落た意味合いを盛り込むとすれば「さんぽが物語になる。」というのが裏テーマにあります。

さんぽがTale(テイル=物語)

散歩が物語に。

散歩そのものから始まることがあるかもしれないし、そこでの出会いに物語を感じるかもしれないし、落ちているゴミの向こうに物語があるかも知れない。

さんぽがてら、落ちている物語を拾い集めて、新しい物語につむぐ。大それたことをいえば、そんな活動になればいいなと思います。

さんぽがてーら。ぼちぼちやっていきますね。

これ、第6回目の9月27日に拾ったえんぴつです。まだまだ使えるとがったままで見つかりました。

これは、ちゃんと拭いて綺麗にしてから、古民家の改修でお世話になってる工務店さんにプレゼントしました。

それでは。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる