できること、そして、やりたいこと。

できること、そして、やりたいこと。

imawoフリアコ、27日目。晴れ。

「いずみくんは器用だね」と言ってもらえることが多かった1日でした◎

ちづみさんを訪ねて来た方に「スパイスカレーどうぞ」と出したり、2階の掃除をしたり、大工仕事の補助をしたり、YouTubeやTikTokの企画・撮影・編集をしたり、動画の整理をしたり。instaのアカウントを交換すると、編み物もできるんだー、アクセサリーも作るんだー、ストーリーもきれいに作るんだー、ブログも書いてるんだー、ウクレレも弾けるんだー、コーヒーも淹れるんだーって、、、、、次から次へと笑

こうやって書き出してみたり、いっぺんに伝わってしまうと、なんだかとんでもない「何でもできるやつ」に思えてしまうかな。いずみはただ、その瞬間、できることをやっているだけで、なにも全部できるってわけでもないです。

確かにやれることはひとつずつやって来てはいるし、できることを増やして来ているかもしれないけれど、たぶん周囲から見えているのは「ガワのハナシ」であって、もっと深いところでは、本当にできていることは少ないんだと、自分では思っています。

imawoには日々、いろんな人が訪れます。

代表であるちづみさんを訪ねて、WEB制作に携わる人を中心として色んな人が毎日のようにやって来ます。その中には、もうすでに「やりたいこと」や「形にして表現したいもの」を実現させている人もいれば、「これから頑張ろう」という人もいます。

いずみ(25歳)と同年代くらいの方も訪れます。本当にすげええなああと感心していますが、それぞれが「夢」や「目的」や「目指すべきもの」をもってここに訪れます。

フリーランスで働きたい!とか
動画編集で生きていきたい!とか
WEB制作で食べていきたい!とか
デザイナーを目指してます!とか

そういう「未来像」をもってimawoにやって来ます。

本当にかっこいいなあと思います。

いずみには、そういう「未来像」や「将来像」がありません。でも、だからと言って悲しいわけでもありません。imawoのコンセプトにもあるような「今を生きる」ということに一所懸命に在るということだけは、いずみはいずみ自身の生き方をもって胸を張れるからです。

ただ、それでは飯を食べていくことはできないもんね(笑)その事実もまた、これからのいずみが向き合っていかなきゃいけないことかなと思っています。

いずみにある将来像は、職業というよりも「暮らし」。でも、暮らしの中には、間違いなく「働き」というものがあり、それは「暮らし」のなかで大きな役割があるようにも思います。

いずみにできることのうち、一体何をその「働き」に変えていくのか。

動画編集なのか。
料理をすることなのか。
掃除をすることなのか。
コーヒーを入れることなのか。
アクセサリーを作ることなのか。
編み物をすることなのか。

それとも、他に何かがあるのか。

さてはて、いずみの今後がどうなるかわかりませんが、とにもかくにも、imawoには日々、さまざまなタイプの方々がやって来ます。何かに秀でていても、ぼくのように突出した何かをもたなくても、誰でもウェルカムです。

あなたに会える日を楽しみにしています。

代表のちづみさんの言葉を借りれば「それぞれ今が今で、完全体でしょ」ってことです。みんながみんな、何ひとつ欠けているもののない人間ってわけじゃなくて、それぞれがぞれぞれに不安や葛藤を抱えて生きています。でも、そのマイナスとも思える感情や状況もまた、自分ってものの要素のひとつだってこと。

生きていれば、だれしも、人生の途中にいるんです。
道半ばにいる者同士、笑い合えれば嬉しいです。

(一体、何の話だったんだろうか笑)

ではまた明日!

いまを記録カテゴリの最新記事