izumikun.stores.jp で、編み物作品を出品中!チェックしてね◎

幸せになるために自分にとっての「理想の食生活」をまとめてみた。

幸せになるために自分にとっての「理想の食生活」をまとめてみた。

こんにちは、いずみくんです。

今回は、あくまでぼくにとっての「理想の食生活」について書いていこうと思います。

結論:1日1.5食が心地よい

ぼくが心地よいと思うのは、基本的に1日1食+0.5食というのが理想です。

朝、昼、晩という3つの時間軸に分けて解説します。

朝:基本、何も食べません。

朝起きてから正午までは、いわゆる食事はせず、水分だけとるようにしています。

午前中は「排泄の時間」=取り入れるのではなく、体の老廃物を出す時間だと考えているからです。

朝ごはんを食べないと

・頭が働かない
・元気が出ない

という意見もありますが、個人的にはそういう風に感じたことがありません。むしろ….

・体が重い感じがする
・昼食後の睡魔が恐ろしい

ということがぼくの生活を苦しめていたように思います。

え?どうして昼食後の睡魔の話が出てくるの?昼食後の睡魔って、お昼ご飯を食べたから出てくるんじゃないの?

とお思いかもしれません。

しかし、僕たちが眠くなるのは、胃の消化を助けるために副交感神経が優位になっているからなんですね。朝食べたものが消化されていない状態で、昼食が入ってくるので「もう食べなくていいから、消化させて!体を休ませて!」と言っているわけです。

バリバリ働く社長さんとかは「昼食を食べない人」もいるみたいです。ぼくの場合は、朝を抜きます。

一時期は、朝はくだものを食べていました。

くだものは栄養価も水分量も多いですが、脂質がないので、効率よく朝一番の体にエネルギーを取り入れることができます。

ただ、この習慣はやめました。理由は以下の通りです。

  • くだものは「高価で続けにくい」
  • 食べた自分と食べてない自分に「差がない」
  • 朝一番の食事にしては「甘すぎた」

スムージーにして飲む毎日は、とってもカラフルで楽しいものでしたが、素敵なインスタグラムの写真を見て真似している自分に気づき「したいのは健康的な生活であって、オシャレな暮らしじゃない」と思い、やめました。

ただ、果物があるときに正午以降に飲むこともあります。

昼:普通の食事をします。

昼は、正午以降の時間です。

ぼくはどちらかというと「ヴィーガン」や「ベジタリアン」に近い考え方を持っていますが、基本的には『出されたものは食べる』というスタンスをとっています。

なので、肉・魚・乳製品・卵など問わず食べます。

もしも自分でメニューを考えられるなら以下の献立になると思います。

  1. くだもの
  2. 味噌汁(豆腐入り)
  3. 納豆キムチ
  4. 主菜(基本ヴィーガン仕様)

白米は食べないので、もし食べるなら雑穀米かなと思います。

また、日中時間があっておやつが食べたいと思ったら、食べます。

添加物を取らないように!とそこまで厳格にはやっていません。

ヴィーガン生活を厳格に1年間やりましたが、本当に疲れましたので笑

夜:無塩ナッツ+ソイプロテイン

タンパク質の摂取を目的にして食べています。

また、ぼくは昼の3時から夜の9時までの仕事スケジュールが多いので、休憩時間中にさくっと食べられる点でも、この食事が理想的ですね。

また、16時間のプチ断食を1日の中に取り入れています。

翌日の正午までの16時間なにも(水以外は)体に入れないので、夜8時までには食事を済ませるようにしています。

この時間をとることで、昼に食べたものも合わせてきちんと消化して、翌朝に排泄することができますし、寝起きが抜群によくなります。

 まとめ:1.5食が理想的

  • 前20:00〜翌12:00までは水のみ
  • 12:00〜普通に食べていい(1食)
  • 夜は無塩ナッツとソイプロテイン(0.5食)

この食生活で快調なので、しばらく続けてみたいと思います。

補足ですが、これは人間のサイクルにのっとったものなので、以下のサイクルをぜひ参考になさってください。

正午〜午後8時 摂取の時間(食べる)

午後8時〜翌午前4時 同化の時間(体に吸収する)

午前4時〜正午 排泄の時間(体外に出す時間)

この本から学んだことが、ぼくの食生活に大きく影響しています。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

いずみくん

 

 

 

 

 

 

 

 

健康カテゴリの最新記事