izumikun.stores.jp で、編み物作品を出品中!チェックしてね◎

幸せになるために「浪費しない無料娯楽」を楽しむ〈アウトドア編〉5選

幸せになるために「浪費しない無料娯楽」を楽しむ〈アウトドア編〉5選

どうも、いずみくんです。

今回の記事は↓こちらの記事の続編です。
【インドア編】が気になる方はぜひどうぞ。

幸せになるために「浪費しない無料娯楽」を楽しむ〈インドア編〉5選

今回は【アウトドア編】です。

アウトドアで「浪費しない無料娯楽」??

いやいやいや、アウトドアで無料なんてないでしょ?

と、お思うかもしれません。

でも意外や意外、この社会はそういうものも準備してくれてます。

一般的に言うアウトドア「キャンプ」のようなものはもちろんできませんが、都会の中でもできる「外出先でも無料で楽しめるもの」があります。

本当にありがたいです(幸せです)。

というわけで今回は、【幸せになるために「浪費しない娯楽」を楽しむ〈アウトドア編〉5選】というテーマでお話しします。

浪費しない無料娯楽〈アウトドア編〉5選!

浪費しないということで「無料でできること」を5つ選びました。

前提条件として、

  • なにもなくてもできる
  • 必ず靴をはいて外出する
  • もちろん無料

上記のことを意識しました。

それでは、どうぞ。

①図書館へ行く

これはもう言うまでもないありません。しかし、言うよりももっともっと価値を感じ取って欲しいと思います。

図書館にはありとあらゆる知識が集まっています。

何かを学び始めるために、本を買う必要は「ありません」。

学び始めるきっかけを作るだけなら「ちょっと古い本」でも大丈夫です。大体の大枠をつかんだあとで「最新本」を買って行くのでも大丈夫。

図書館は、本もあり、屋根もあり、冷暖房も完備。

借りて、公園の木陰で読書もできる。

こんなに素晴らしい娯楽はありません。

図書館の他にも無料で入場できる「文化施設」は、地域にいくつかはあるはずです。ぜひ調べてみてください。

②ウィンドウショッピングする

これは本当に意外なことかもしれませんが、これはめちゃくちゃいい娯楽です。

と言うのも、ウィンドウショッピングする場所がスーパーであれ百貨店であれなんであれ、そこには「お試し」がいっぱい用意されています。

この「お試し」をたくさんしてみることが、ウィンドウショッピングの「楽しみ」です。

  • スーパーの試食
  • 化粧品のテスター
  • マジックの見せ物
  • アパレルショップの試着
  • スニーカーショップの試し履き
  • 文房具店の試し書き
  • 本屋の立ち読み
  • レッスンの無料体験

など、様々に「お試し」をすることができます。

そしてここで「ウィンドウショッピングの誤解」を解きたい。それは〈ウィンドウショッピングで満たすのは「所有欲」ではない〉と言うことです。

ただ見て回るだけで「買えない」から『欲しいのに得られない』と、欲求不満になります。

しかし、

本当にウィンドウショッピングで満たすべきは「好奇心」です。

それを、あまたの「体験」を通して満たしていきます。

③無料イベントに参加する

無料のイベントって調べてみると意外とあります。

地域のお祭りだってその一つです。

花火もそうだし、除夜の鐘もそうです。

ハロウィンの格好で街歩きもそうです。

コスプレ祭りもあります。

楽しいことって無料でやってたりします。

④運動する

  • ジョギング
  • ランニング
  • ウォーキング
  • 筋トレ

これだけでもいいし、スケボーや公園でのサッカーやキャッチボール、壁あてなどでも十分運動できます。

友人を誘えば一緒にできます。

楽しいのに、無料。最高です。

小学生の頃の楽しみを今、取り戻すんです。

⑤ぼーっとする

公園や川べりでボーッとします。

これまでの自分の人生を振り返ったり、これからのことを考えたりすることなく、ただボーッとする。そうすると脳は勝手に「あ、そうか」とふと気づきをくれます。

さんぽしながらでも大丈夫です。

目的もなくふらふら歩いてみると、すっかり住んでいる周りの景色が変わってきます。それに、見え方が変わった分、自分にも変化が現れます。

ボーッとする。これを、難しく言うと瞑想ということになります。

まとめ:無料でどこまでも楽しめる!

ここでは紹介しなかったですが、防災センターなどではVR体験ができるということもありますし、ゲームセンターのプロみたいな人のプレイの様子をみるだけでも、ものすごい好奇心をかきたててくれます。

体験する・体感するということを意識し、「所有することに固執しない」スタンスでいれば、どこまでも楽しめます。

是非、参考にしてみてくださいね。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

いずみくん

遊びカテゴリの最新記事