SHARE HOUSE ” IZUMI=SO ” の準備をしています。

どうも、izumikunです。

SHARE HOUSE ” IZUMI-SO “

だなんて、ちょっとカッコつけて英語で書いてみました。

というわけで、4月から友人と共同生活を始めるわけです。新しくカフェを始めるとか、地元でコーヒー淹れるとか、観光ガイドするとか、いろいろやることある中でも、やっぱり生活をしていく上で最低限必要なものっていうのもあって、その準備をしています。

とりあえず、家は確保しました。なので、あとは、初月家賃の支払いと、家電・食器・調理道具などを揃えること。家具については、まあ適当に各々にもってくるとして。やることや、欲しいものを書き出してみましょう。

  • 部屋の雑巾がけ
  • 家賃準備 OK
  • 食器 OK
  • 調理器具 OK
  • 調理道具(小物系)
  • 冷蔵庫(小さめ) OK
  • 電子レンジ OK
  • 洗濯機 OK
  • 食卓テーブル OK
  • 風呂の椅子 OK
  • ケトル OK
  • 2段ベッド OK(しかも2つ)
  • ガスコンロ
  • 炊飯器
  • 掃除機
  • 自転車

こんな感じかな。あとは、御近所さんにご挨拶とか。お布団とか必要な家具とかは自分で持ってきてもらえたらなあと思ってます。

とにかく、なんとかモノは揃いそうな感じはしてますね。前に乾燥機付きの洗濯機使ってたからむちゃくちゃ便利で良かった!これからは、近くのクリーニングで乾燥だけできそうかな◎

IZUMI-SOは、クローズドな空間なのであまりオープンネスではないですけれど、ときおりオープンイベントも開こうと思っています。今は、読書会とか、小さな縁日みたいなものができたらいいなと。本提灯を入り口に飾って、みんなでビール飲んで、焚火して。いい感じにできそうだなあと思ってます。

まだまだ検討中ですけど、今のところ、

家賃20,000
共益費(水道ガス電気+wifi)適宜、折半
定員数3名まで

シンプルだけど、こんな感じかなあと思ってます。

シェアハウスでみんなでワイワイしましょーって人でもないので、たぶん、穏やかーなシェアハウスにはなると思います。izumikunも暮らしますし、あんまり適当に人数を増やしたくはないなあと思っていますので最大3名で考えてます。

ちなみに、クローズドっていうのは(もちろん今のところですが)、本当です。よくあるシェアハウスは自分たちのロビーに招いて一緒にご飯を食べたりお話ししたりしますけれど、みんながみんなそういう時間の使い方をしたいわけじゃない時って、あると思いませんか。izumikunは、そういう時があって、今日は部屋に行きたいなってことがあります。

でも、同じ建物のロビーで騒いでいたら落ち着いて休めないですよね。それって家賃が安いってことを担保にはできないんですよ。家を借りるって、それがいくらであれ「安心して休める場所」を買うってことなので。それが保証されないなら、安かろうが、そこにいる必要はないですよね。

だからね、基本はクローズドです。友達を呼びたいときは、友達と過ごせるエリアまで。そこより先は、KEEP OUTです。オンラインサロン的な感じですね。閉鎖空間だからこその特別が、ぼくは大事なように思っています。何でもかんでも見せちゃうのは、望むところではないなあと。

お客さんが注文もしていないのに、かき氷屋の席に居座ることはできないですよね。それと同じように、注文が成立している(つまり家賃を支払っている)人だけが、安心して休める場所を手に入れられるわけです。これを、あくまでベースとして、開放性を考えていく。

例えば、月に1度イベントをするっていうのもひとつ。あとは内見。あとは、空間的な制約。ここまでは入ってOK。ここからは入居者のみという感じ。内見は、そもそもできる人が限られます。ただ紹介されても、内見はできないかも。

IZUMI-SO は、あきらかにランニングコストを低く設定しているから、それだけを目的に来られる方もいるかもしれません。でも、それなら、もうちょっと出してアパートに暮らせばいいと思います。それよりは、IZUMI-SOの人となりを知ってからというか、あなたたちが気に入って、ここで暮らしたいのです!っていう姿勢でないと、たぶん共同生活って難しいだろうなって思います。これって、排除とかではなくて、審査とかでもなくて、人と人との関係っていつもお互いの歩み寄りじゃないですか。だから、普通のことをわざわざ言ってるだけなのかなって思ってます。

とはいえ、ドロップイン的に使いたい人もいるかもしれないので、ドネーションがあったらいいのかななんて思ったりしています。

ま、そんなこんなで SHARE HOUSE IZUMI=SO 準備中です。

それでは。