izumikun.stores.jp で、編み物作品を出品中!チェックしてね◎

幸せになるための「消費」の判断基準【結論:投資マインド】

幸せになるための「消費」の判断基準【結論:投資マインド】

 

どうも、いずみくんです。

今回は『幸せになるための「買う」の判断基準』というテーマでお話しします。

本日、以下のようなツイートをしました。

欲しいもの(体験やサービスを含)がある時の
買う買わないの判断を、
今までは価値のあるなし/大小で
判断していたけど、今は少し変化。

購入後(投資後)の自分の価値
>現在保有資産(預金)が生む価値

これが成り立つなら買う◎

このツイートについて、深掘りしようと思います。

人生を豊かにする「消費」は浪費か投資か

結論として、人生を豊かにするのは「投資」だと思います。(浪費はゼロであるのがベストです)

人生の幸せとか豊かさは、根本的には「心のあり方次第」という側面が大きいです。また、家族や周囲の人間関係が「友好的かどうか」が大事だったりもします。

一方で、生きていく中での「暮らし」や「娯楽」もまた人生をより豊かに幸せにするために重要な要素です。

その際、確実に何かを買うことになります。

暮らしであれば、フライパンや服や食べ物を買いますよね。娯楽であれば、体験やサービスを買います。

この中には、消費や投資も含みますが、その判断基準を間違ってしまうと、いわゆる「浪費」ばかりになってしまいます。

浪費はストレス解消の手段 or 思考停止

浪費というのは、日々の暮らしの「ストレス」を解消するために〈突発的な感情〉で買うということです。

あーもう、疲れた( ;  ; )
コンビニでスイーツ買って、自分にご褒美♡

は、完全に浪費です。

また、

日曜日には、家族でレストラン。

という、戦後日本の風習も、浪費だとぼくは考えています。

自分たちで考えて行っているのならいいのですが、みんなが行っているからうちも行こうというのは「思考停止」の浪費行動だなと思います。

これらのことを言い換えると、

  • 「ストレスが溜まっているから」ゼロにする
  • 「他の人は行ってるのに自分は行けてないから」行く

ということで、マイナスからゼロに戻す作業なんです。

これでは、ゼロから先に進むことはできません。

ちょっと厳しいですが、

いつまで経っても水面下で溺れているようなものです。

浪費ではなく「投資」をする

浪費は間違いなく避けて欲しいし、ぼくも避けて生きています。

本当に大切で、幸せを運んでくれるのは、間違いなく「投資」です。

これは

  • 投資信託を買うべき!
  • インデックスファンドだ!
  • FXだ!

という話では全くありません( ;  ; )

それは「資産運用」という意味での投資です。

もちろんそれも大切なのですが、今回お伝えしたいのは、日常の消費行動においても、そうした「投資マインド」を持つことが大切だということです。

それが、幸せに近くヒントだなと思うし、その公式もあるので、お伝えします。

消費後に「自分の価値>預金の価値」=投資

ツイートにも書きましたが、公式は以下の通りです。

購入後(投資後)の自分の価値
>現在保有資産(預金)が生む価値

ひとつずつ解説します。

通帳に入っているお金は何も生んでいない=価値0?

近頃「個人投資家」が増えたそうです。理由としては、コロナ不安で先行きの見えない中で、通帳にお金を入れていても増えない時代に、証券口座を開いてお金を入れていれば、年利数%で「お金が増える」からです。

つまり、銀行の通帳に貯金をためていても、価値がないと言えそうです。

それでも銀行の通帳に貯金をする人が多いのは「安心」を買っていると言えます。将来何があるかわからない不安に対する投資として「銀行預貯金」を使っていて、安心を買っている。

つまり、預貯金の価値はゼロではないですが、これでは一向に資産の「価値」はあがっていきませんね。(間違いやすいのですが、お金の話をしているわけではありません)

投資マインド=消費の前に、消費後の価値を検討する

同じ消費行動をするとしても、

商品やサービスや体験を「買う前」に

  • どんなものが得られるかな
  • どう次につなげられるかな
  • 自分の価値は上がるかな
  • 価値観は広がるかな
  • 価値がどう変動していくかな
  • 自分の感情を「楽しく」するかな

ということを考える。

これが大事で、これが「投資マインド」だと思います。

上司に怒られたストレスを解消するための消費は「浪費」です。

なぜなら、得られるものが「ストレス解消+肥満」だからです。

これは自分の価値を高めてくれるものではありませんよね。

むしろ「痩せたいのに食べちゃう」という後悔を感じて、自分の価値を下げてしまう可能性(リスク)もあります。

いずみくんの場合:Oculus Quest 2が欲しい

ぼくは今、欲しいものが2つあります。

  • VRゴーグルで有名な「Oculus Quest 2」64GB
    ¥37,100+税込み
  • デイトラ「WEB制作コース」
    ¥74,800+税込み

どちらも価格は「高い」と思います。

でも、それぞれを「浪費」ではなく「投資」にするために、丁寧に考えていきましょう。

「Oculus Quest 2 」は投資か

結論:(浪費に近い)投資です。

Oculus Quest 2は「VRゴーグル」で、これを装着することで、仮想現実世界(バーチャルリアリティの中に構築された世界観)のなかで体験ができたり、ゲームができたりします。アバターを作って(なりきって)交流をすることもできます。

ぼくが今「Oculus Quest 2」に価値を感じているのは、

  • VR世界が進歩しているのに「ほぼ経験ゼロ」だから体験したい
  • 一番最新の技術が使われていて、わくわくする笑
  • VR体験をYouTubeやブログで発信できる
  • 自宅に映画館をつくれる(YouTubeやアマプラやNetflixがみれる)
  • VR世界のイベントへ参加・交流ができる(価値観が広がる)

以上のような感じです。

とは言えVRゴーグルは今のところ「最先端ゲーム機」のような側面があります。ぼくはゲームはあまりやらない(やるときはやります)ので、そこまで「必要性」があるかと言われれば、あまりないとも言えます。

なので、(浪費に近い)投資というところで、微妙な感じです。
こういう場合は、一旦保留して検討。

金銭的な余裕が出て本当に欲しければ買います。
ただ、先ほどもお話ししたように、

  • 貯金してある4万円
  • 4万円で買ったOculus Quest 2

を比較すれば、後者の方がぼくには価値があると思っています。

デイトラ「WEB制作コース」は投資か

結論:投資です。

金額的には安くはないのですが(プログラミング学習スクール比較ではダントツに安いのは理解しています)、このコースを受講したのちの自分の価値が上がることが予想できるからです。

  • プログラミングスキルが身に付く
  • WEB制作について仕事を受注できる
  • 自分のスキルで生きていくことができる
  • ライフスタイルをプラスに転換できる
  • 受講料以上の報酬を受け取れる可能性が大きくなる

以上のようなことから、デイトラ受講は「(自己)投資」と言えます。

まとめ:幸せに向かう消費は「投資マインド」をもって。

むやみやたらに貯金をするのではなく、今持っている資産が「どんな価値を生んでいるのか」を意識することが大切です。

いつまでも労働だけに人生の時間を使うのは「幸せなこと」とはぼくには思えません。

自分の価値観を高める消費=自己投資

自分の保有している資産価値を高めていける消費=投資(資産運用)

この2つを意識してゆけば少しずつコツコツと幸せに近づくと信じています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。それでは、また。

いずみくん

 

お金カテゴリの最新記事