izumikun.com

Still Alive. Be Happy.


自分にとって十分なお金っていくらだっけ。

どうも、izumikunです。

人が生きていくときには大きく分けると手に入れたいと思うものが2つあると思っていて。それが、幸せと、お金。幸せは人によって感じ方が違って、お金は定量的な数値で測れるもので、その性質はちがったりする。とはいえ、お金もまた「どれだけあれば、幸せか」って話もあったりする。

聞くところによると、どれだけお金儲けが上手で年収が何億とあったとしても、年収800万円を超えたところから幸福度って変わらないらしい。年収200万円にもなったことない自分からすると、4倍も5倍も自分より収入があってもなお「もっともっと」という人がいることや年収が800万円までは幸福度が「あがっていく」ということには、少し驚きました。

izumikunにとっては、幸せは十分感じられているし、幸せを感じられるような収入もあるように思う。定量的な見方をすると違和感はあるかもしれません。だって「年収200万に達してもいないのに幸せ」を感じているんだから。しかも十分だって言ってるんだからね。

前回、Connecting The Dotsの話を書いたけれども、その前提があるから「将来のためのアレやコレや」という悩みの種というのは振りまいたりはしないし、未来のための今を生きようと思って生きたりもしてない。

今日、「あなたはSWOT分析において、とくに危機はないだろうけど、聞いてるとどれもお金にはつながってないよね、あくまでボランティア。」という話をいただいたんだけど、そりゃそうですよねと思いましたよ。だって、ボランティアしてるんだもん。ボランティアで働いているし、ボランティアで道案内しているし、ボランティアで仕事をしているんですもの。

izumikunはね、公園を清掃することで生きていけるだなんて思っていなかったけれど、今は、公園の清掃をしながらお散歩中の人に元気に挨拶して、道案内したり観光スポットの小話をして、お金をいただけている。

必要十分なお金が入ってくることよりもずっと幸福なことだと思うんだよ。だって、どんな場所に行っても、人の暮らしというのはほとんど変わらないんだから。基本的なこと(人とのつながり)の中で生きていけるなら、それがお金を使わなくても実現できるのなら、それで十分に幸せなことだとizumikunは考えているし、そう感じる。

だからizumikunが今、幸せと思える十分なお金ってことで言えば、たぶん「ゼロ」かな。それでも生きていく術を知っているし、今もそのように生きてる。大事なのはここからだけど「ゼロ」っていうのがベースにあると、1万円でも2万円でも収入があったら、もうね幸せマックスなんだよね。だから、ゼロ。

ただね、izumikunにも「お返しをしたい」とか「お礼をしたい」とか「感謝を伝えたい」とか「愛を届けたい」とかいろんなことを思って、その手段としてお金を使いたいと思う瞬間がある。そういうことのためには、お金があったらいいなと思ってる。

例えば、月に8万円、年間にだいたい96万円くらいがあれば、自分だけじゃなくて、友達の幸せもつくりながら生きていける気がする。(ま、学生時代に家賃1.5万の家に暮らして「固定費を安く抑えることが大事だ」ってことが分かってるizumikunの感覚的な話だけれど。)

そういうわけで、地元の小商のあつまりででた課題「SWOT分析をしてみよう/自分の価値をお金に変える仕組み”マネタイズ”を考えてみよう」について、考えてまとめてみようと思いますー!

また、SWOT分析とは?みたいな話も合わせて、ブログに書いてみようと思いますー!

なんか、話し言葉的に書いてみると、書きやすいね。では。