izumikun.stores.jp で、編み物作品を出品中!チェックしてね◎

「いずみくんは幸せ感じて生きている」

「いずみくんは幸せ感じて生きている」

このブログタイトルをつけたのはある意味『決意表明』みたいなもので。

コロナ時代だとかそういうものに関係なく「わたしは平凡」とか「わたしには何もない」って思ってる人って、結構いると思うんです。YouTubeやブログでは常に「正解」がそこにあって、すでに成功している人が発信している情報をのみこむ毎日。

一転して、いざ自分も何か発信しようか。そう思っても、何を発信すればいいのか分からない….。そうして思う、わたしには何もないって。

ただ、安心して欲しい。
ぼくもその一人だから。

いやいや「いずみくんは幸せ感じて生きていく」なんてタイトルをつけるくらいだから、よっぽどスキルや容姿にめぐまれて人間関係も満たされててハッピーなんでしょ??

と、思うかもしれませんが、残念ながらその期待には応えられそうもありません。

ぼく自身、とりたてて魅力的な容姿でも、尖ったスキルがあるわけでも、圧倒的に楽しませるエンターテイナーな側面があるわけでも、人を安心させられるコミュニケーションがとれるわけでもありません。

どんだけできないのよ!と自分でも思いますが、実際のところそうだから仕方がないですね。仕事の覚えも手際も(できる人と比較すると余計に)わるいです。

ちなみに現在の状況を書き出してみると…

 25歳
 実家暮らし
 フリーター:アパレル
 月給5万〜10万
 趣味:いろいろ

なんだか「パッとしない」し、ひとつコレが得意です!みたいな趣味もないし、給料も低いし、実家暮らしだし、仕事も(上手に)できないし….という、本当に最低な状況….笑

「結婚したくない人ランキング」があったら上位に食いこめる自信は十分にあります(なんの自信?笑)。

という感じに、人を養えるほどの収入があるわけでもなければ、仕事ができるわけでもなければ、コレといって得意な趣味もなければ、際立つスキルがあるわけでもありません。

でも、幸せ感じて生きているんです。不思議と。
いずみくんは幸せ感じて生きている。

その理由はたぶん、幸せの感度がむっちゃ高いんだと思います。言い方を変えると「幸せのハードルが低い」ってやつです。幸せ感じて生きているって書きましたけど、どちらかというと、生きているから幸せって感じで。

自分の部屋があって、簡単な寝床があって、朝起きたら部屋には窓からの光が満ちている。自由に時間を過ごして、仕事に行って人と話して、眠る。そしてまた明日をむかえる。それで十分幸せなんです。

もちろん、そんな同じような毎日を過ごしていたら退屈じゃないかとも声がありますよね。それは、確かにその通りと思うし、ぼくも退屈を感じる時はあります。だから刺激をもとめて、いつもとは違うことをしてみたり、違う場所に行ってみたりして「日常に遊びに変換する」こともあります。

でも、基本的な幸福感は「生きているだけで満たされている」というのがぼくの感覚。それを笑顔で表現できないのでリアルな友人らにはなかなか伝わりませんけれど、実際にそうなんです。

そこからどれだけ「生活の充実度」をあげていくかは、さきほどの「退屈を遊びに変換したときに生まれる幸福の度合い」を高めていくことなんだと思います。

ぼくは十分に幸せで、だからこそ落ち込むこともあって、落ち込みがあるからまた違うところで幸せを感じられるんだと思います。

そんな、幸せ感じて生きているいずみくんの暮らしを、このブログを通してお届けできたらいいと思います。そして、このブログを通して、読んでくれた人の暮らしがちょっぴり幸せに近づいてくれたら嬉しいなと思います。

みんなで幸せな暮らしを、日々を送ってゆこうね!

読んでいただき、ありがとうございます。
いずみくん

考え方カテゴリの最新記事