izumikun.stores.jp で、編み物作品を出品中!チェックしてね◎

幸せになるための仕事の向き合い方「失敗は気にせず、成功は喜ぶ」

幸せになるための仕事の向き合い方「失敗は気にせず、成功は喜ぶ」

こんにちは、いずみくんです。

ぼくは仕事をするとき「失敗しないように」という思いが強くなりがちです。体も心も緊張して、まるで自分じゃないような感じになります。

全体を見ることができずに目の前のことだけしか考えられなくなったり、ちゃんとやっているのに「本当にできてる?」と聞かれると…

『え、はい!できてます!』(本当にできてるかなあ、もしできてなかった時はどうしよう、できてるって言ってできてなかったら嘘ついてることになるし…..あー!!!!)

と、まあこんな感じです( ;  ; )
結構おとなしいほうですけど、内心はもう大パニックなんですね。

このことを今思うと、大きな勘違いをしていたんです。

「失敗しないようにしよう」ではなく「どうしたら成功するか」を大切に

「失敗しないようにしよう」としていたことです。

でも、

失敗しないなんて無理。
人は、必ず失敗する。

それが当然のことなんですね。

初めてやることや、始めてから間もないこととか、ずっとやっていても抜けてしまうこととか。そういうことってあります。

もちろん、プロとして仕事をする以上、(失敗しないようにではなく)どうしたら成功するかをとことん考えて行動することが大事です。

でも、どうしても失敗することはあります。
そんなときにどうすればいいか。

それは、

失敗は気にしない

失敗は気にしないことです。

それだけです◎

ただこれは「失敗してもいいよ」ということではありません。

どういうことかというと、

失敗したことでネガティブになることを、気にしない

ということです。

失敗したときはネガティブになりがちです。

・失敗したら、嫌われるかも
・失敗したら、怒られるかも
・失敗したら、役に立たないと思われるかも

これが「自分には価値がないんじゃないか」となるわけです。

この「失敗そのものによって受けるダメージを気にしない」ということですね。

だって、明日も仕事に行けるし、仕事を頼まれます。
失敗をしたところで急激に「自分の価値は下がらない」んですね。

大丈夫です。

気にするのは、なぜ失敗したか/どうしたら成功できたか

失敗したら「なぜ失敗したか/どうしたら成功できたか」を気にするとGOODです◎

失敗してネガティブになって人生転落みたいな気分を味わうより、失敗しないようにする方が、ネガティブになるリスクがおさえらますよね。

しかも、成功する可能性があがっていくなら「なぜ失敗したのか/どうしたら成功できたか」を気にしたほうが幸せに近づけそうです◎

成功は、とことん喜ぶ!

一方で、成功は、とことん喜びます◎

1日の中で成功と失敗がどちらもあったとしても、失敗ではなく成功を気にして、とことん喜びましょう!

つい昨日は、締め切りまでに仕事を終わらせたことが嬉しくて、成功のご褒美に「気になっていたおやつ」を買ってたべて、幸せ感じてました◎

実際は、締め切り後にモレが見つかって修正することになりました( ;  ; )

でも、

①締め切りまでに仕事を終わらせること
②仕事の質をあげること

このふたつは別の課題だから「②仕事の質をあげること」は、次に取り組むときに考えればいいんですね。

今回は「①締め切りまでに仕事を終わらせること」ができたんだから、それに飛んで喜べばいいなって思います。

小さな幸せを見つけるっていうのは「できたことをちゃんと喜ぶこと」なんです◎

今日も小さな成功を喜んで、小さな幸せを感じてゆきましょう!

まとめ:失敗は気にせず、成功は喜ぶ!

●人は必ず失敗する
●気にするのは「ネガティブ感情」ではない
●気にするのは「なぜ失敗したか/どうすれば成功したか」
→そのほうが成功や幸せに近づける◎
●成功はとことん喜ぶ
=小さくても「できたことをちゃんと喜ぶ」が大切

暮らしや仕事の小さな気づきや、ほんの小さなガッツポーズに、幸せはあると思います。もしも、ガクッと気持ちが落ちてしまうときは、小さな成功をおおいに喜んでみてくださいね◎

最後まで読んでいただきありがとうございます。
いずみくん

 

 

 

 

 

考え方カテゴリの最新記事